インターネット広告で使われる用語集まとめ

インターネット広告用語 未分類

インターネット・WEB上で使われる言葉と、

その意味を簡単にまとめてみました。

インターネット広告用語

調べる

  • インプレッション数・imp(impression)広告の表示回数。
  • パーミルコスト:CPM(Cost Per Mille)1000インプレッションあたりの価格・金額。
  • CPC(Cost Per Click)1クリックあたりの広告コスト(クリック単価)。コスト/クリック数で算出
  • eCPM(effective Cost Per Mille)インプレッション課金でない広告のCPM調整値。
    広告コスト÷インプレッション数×1,000(回)で算出
  • CTR(Click Through Rate)広告が表示された際のクリックされる割合。
    クリック数 ÷ 表示回数 で算出
  • CVR(Conversion Rate)サイトに訪れたユーザーの内、成果が出た割合。
    CV数(コンバージョン数)÷ 訪問数(セッション数) で算出
  • CV(Conversion)サイトに訪れたユーザーが取った特定のアクション。
    アクション例:商品購入・会員登録・申込・資料請求・予約・イベントへの参加など
  • CPA(Cost Per Action)1件のコンバージョンを獲得するのにかかるコスト。
  • ROAS(Return On Advertising Spend)広告費に対する広告経由での売り上げ
    広告経由での売り上げ÷広告費 で算出
  • CPV(Cost Per View)広告視聴1回あたりのコスト。
    広告出稿費用÷再生回数 で算出
  • ページランク(Google PageRank)Googleが示すWEBページの重要度の指標。
  • リンクジュース(Link Juice)自分のWEBページに貼った外部のリンクが、相手のHPに与える影響。
  • PV(Page View)WEBページが閲覧された回数。
  • UU(Unique User)WEBサイトページを訪問した人数。同じユーザーが何度も訪問しても回数は1回。
  • CPL(Cost Per Lead)1件の見込み客(リード)を獲得するためにかかったコスト。
  • SEO(Search Engine Optimization)検索エンジン最適化。
    特定のWEBサイトが上位に表示されるようにウェブサイトの構成などを調整すること。
    また、その手法の総称。
  • SEM(Search Engine Marketing) 検索エンジンマーケティング。
    検索エンジンに関わるマーケティング全般。総称。
  • ASP(Application Service Provider)インターネットを介したサービスや提供業者。

 

準広告用語

  • バナー広告画像による広告。
    例:

  • テキスト広告文字・文章(テキスト)による広告。
    例:【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com
  • ターゲティング広告年齢・性別などの登録情報によって配信ターゲットを決める広告。
  • エリアターゲティング広告特定地域で展開する広告。IPアドレス別・都道府県別で展開可能。
  • 行動ターゲティング広告ユーザーの検索履歴・閲覧履歴・広告のクリック履歴・商品の購入履歴などを基に配信する広告。
  • 時間帯指定配信広告特定の時間内に配信広告。
  • メール広告メール配信の登録しているユーザーに表示される広告。

 

最後に…

パソコン

SNSなどが普及している現在、

プログラマーやソフトウエア開発者しか知らなかったようなインターネット関連の用語が、

一般でも使われるようになってきました。

副業でアフェリエイトなど始めるにあたって、

より身近になった方もいるのではないでしょうか。

今回は、主にインターネット広告で使われる用語の紹介でした。

参考:Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました